神戸市でインプラント治療はアートセンター歯科へ!インプラント対応の神戸市中央区の歯科医院(歯医者)アートセンター歯科。新神戸駅すぐ

無料カウンセリング予約はこちら
  • ホーム
  • リンク
  • サイトマップ
当院のインプラント治療のご紹介
  • インプラントの治療の流れ
  • インプラント難症例への対策(骨造成)
  • インプラントをご検討中の方へ
  • 歯を失ってお悩みの方へ

インプラントは神戸市中央区 歯科医院/歯医者
アートセンター歯科 新神戸駅すぐ

  • 患者様の声
  • よくある質問
  • 医療費控除制度
  • 神戸市中央区の歯科医院(歯医者)アートセンター歯科

インプラントは神戸市にある
アートセンター歯科へ

インプラント難症例への対策
トップページ > インプラント難症例への対策

インプラント難症例への対策について
インプラントは、現時点では失った歯を取り戻すための最も有効な手段ですが、骨の量が十分ではないためにインプラントを植立できないと断られるケースがあります。そのような症例に対して、神戸市中央区のアートセンター歯科では、失った骨を補うためのさまざまな手術を行っております。

これには骨の不足量や不足状態に応じて様々な手術法があります。アートセンター歯科においては骨がないためにインプラントが打てない症例というものはほとんどなく、他院で断られた難症例ケースを多数受け入れております。
ガイデッド・ボーン・リジェネレーション(GBR)
多くの症例で行われる一般的な手術法です。インプラント周囲に一部だけ骨の不足が起きてしまった場合は、足りない部分に自分の骨や人工の骨を充填したり、膜を置いて保護したりすることによって骨の再生を促進させる手術です。
ネーザルエレベーションおよびサイナスオーギュメンテーション
(ウィンドウ・テクニックまたはサイナス・インパクション)
上顎の奥歯の部分の骨が溶けている場合は、上顎洞と言う上顎の骨の中にある空洞を底上げする手術(ウィンドウ・テクニックまたはサイナス・インパクション)を行うことによって、インプラントを立てるスペースを確保します。あるいは、前歯の部分の骨が吸収されている場合は、鼻腔を底上げする手術(ネーザルエレベーション)を行うことによって、同様にインプラントを立てるスペースを確保します。サイナスインパクションは患者様への負担の少ない上顎洞底を持ち上げる手術法です。
手術の技術も日々進歩しております。スウェーデンやアメリカのライブオペ研修に行くと毎年新しい手術法が編み出されています。まさしく驚きの連続です。ここで編み出された技術が世界に拡がりグローバルスタンダードとなり、やがては日本にも紹介されます。

骨造成やインプラントの難症例は、神戸市にあるアートセンター歯科へ!新神戸駅すぐ

ページトップへ

当クリニックにおける難症例のご紹介
アートセンター歯科では、インプラントにおける難症例といわれるソケットリフトやサイナスリフトにおいても、下記のようなSCAKITやSLAKITを導入しておりますので、安心して治療をお受け頂けます。
当クリニックにおける難症例のご紹介
骨量が少なくて、他院でインプラント治療を断られた方や骨量の関係で、インプラント治療を断念されていた方などは、まずはアートセンター歯科の無料カウンセリングをお受け下さい。
神戸市中央区のアートセンター歯科ではあらゆるインプラント治療が可能です。
ページトップへ

インプラントは神戸市のアートセンター歯科へ/神戸市中央区の歯科医院(歯医者)/新神戸駅すぐ